学生募集 / For Student

藤本教授からのメッセージ  Message from Prof. Fujimoto

最近の人類遺伝学研究の進展は目覚ましく、社会的重要性も高い学問分野です。研究においては、大量データを独自の視点で解析し、実験的に証明を行うアプローチが今後ますます重要になると考えられます。私たちは、解析・実験双方の視点から遺伝現象の謎に迫り、真理を探究したい方や、疾患研究を通じて人の健康に貢献したい方を歓迎いたします。

人類遺伝学教室(藤本チーム)では、博士課程・修士課程・卒業研究生(医学部健康総合科学科4年、その他)を募集しています。

興味をお持ちの方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
afujimoto[at]m.u-tokyo.ac.jp
※[at]を@に変更してください。


Drastic and rapid developments in the field of human genetics recently have led to a growing importance of the field in society. Analysis of large data sets and experimental knowledge are paramount in this face-moving field. We welcome motivated individuals who are interested in unlocking the secrets of the human genome and make meaningful contributions to human health.

Interested applicants are encouraged to contact the following address:
afujimoto[at]m.u-tokyo.ac.jp
※Please change [at] to @.

鵜木准教授からのメッセージ  Message from Associate Prof. Unoki

ヒトのゲノムDNAにはおよそ2万個の遺伝子が乗っていますが、それぞれの細胞で全ての遺伝子が使われているわけではありません。どの遺伝子を使って、どの遺伝子を使わないかを決めているのがエピジェネティック制御機構です。私は、大学院生の時にこの機構に関与している重要なタンパク質を見つけて以来、ずっとこの機構のより深い理解を目指して研究をおこなってきました。正常な状態を理解するためには、その状態が破綻した病気を調べることが役に立ちます。これまでに私は、エピジェネティックな制御機構に異常があるICF症候群という病気が起こるメカニズムの解明を通して、DNAメチル化が染色体の安定性を維持するために如何に重要であるかを明らかにしてきました。その過程で、DNAのメチル化を維持することが、実はDNAの損傷を防ぐことにも重要であることを見出しました。これからは、さらにいろいろな病気が起こるメカニズムを明らかにしたり、これまでに分かったことをさらに深掘りして、生命の根幹に関わるさまざまな現象の理解や、それが揺らいだ状態(=病気や老化)の理解を深めていきたいと考えています。

人類遺伝学教室(鵜木チーム)では、博士課程・修士課程・卒業研究生(医学部健康総合科学科4年、その他)を募集しています。

興味をお持ちの方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
unokim[at]m.u-tokyo.ac.jp
※[at]を@に変更してください。


The human genome contains approximately 20,000 genes, but not all of them are active in every cell. The epigenetic control mechanism determines which genes are used and which are not. Since my time as a graduate student, I have been conducting research with the aim of gaining a deeper understanding of this mechanism, after discovering an important protein involved in it. To comprehend the normal state, it is helpful to study diseases in which this state has been disrupted. Through my work, I have elucidated the mechanism of ICF syndrome, a condition characterized by epigenetic abnormalities, and revealed the significance of DNA methylation in maintaining chromosome stability. In the process, I discovered that preserving DNA methylation is also crucial for preventing DNA damage. Moving forward, I aspire to further elucidate the mechanisms behind various diseases and delve deeper into what we have learned so far. My goal is to enhance our understanding of various fundamental life phenomena and the states in which these phenomena are disrupted, such as in the case of disease and aging.

Interested applicants are encouraged to contact the following address:
unokim[at]m.u-tokyo.ac.jp
※Please change [at] to @.