メンバー紹介

sugimoto
氏名
杉本美穂子 (旧姓:嶋多)(すぎもとみほこ)
日本学術振興会特別研究員(PD)
生年月日
1984年3月20日
出身地
神奈川県

ひとこと

人類遺伝学教室では、自分が興味を持ったテーマについて自由に楽しく研究することができます。研究は辛いこともありますが、スタッフの先生方のサポートや学生同士のディスカッションを通して研究対象に対する興味を持ち続けることができるので、とても充実した研究生活を送ることができると感じています。

研究内容

パニック障害に関わる遺伝要因の探索

略歴

田園調布雙葉高等学校 卒業
東京大学医学部健康科学・看護学科 卒業
同大学院医学系研究科国際保健学専攻 修士課程 修了
製薬会社勤務を経て博士課程に入学
平成26年4月- 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
平成28年9月- 日本学術振興会 特別研究員(PD)

発表論文

  • Shimada, M., Miyagawa, T., Kawashima, M., Tanaka, S., Honda, Y., Honda, M. and Tokunaga, K. (2010) An approach based on a genome-wide association study reveals candidate loci for narcolepsy. Hum Genet, 128, 433-441.
  • Miyagawa, T., Kawashima, M., Nishida, N., Ohashi, J., Kimura, R., Fujimoto, A., Shimada, M., Morishita, S., Shigeta, T., Lin, L. et al. (2008) Variant between CPT1B and CHKB associated with susceptibility to narcolepsy. Nat Genet, 40, 1324-1328.
  • Miyagawa, T., Honda, M., Kawashima, M., Shimada, M., Tanaka, S., Honda, Y. and Tokunaga, K. (2009) Polymorphism located between CPT1B and CHKB, and HLA-DRB1*1501-DQB1*0602 haplotype confer susceptibility to CNS hypersomnias (essential hypersomnia). PLoS One, 4, e5394.
  • Miyagawa, T., Honda, M., Kawashima, M., Shimada, M., Tanaka, S., Honda, Y. and Tokunaga, K. (2010) Polymorphism located in TCRA locus confers susceptibility to essential hypersomnia with HLA-DRB1*1501-DQB1*0602 haplotype. J Hum Genet, 55, 63-65.
  • Miyagawa, T., Miyadera, H., Tanaka, S., Kawashima, M., Shimada, M., Honda, Y., Tokunaga, K. and Honda, M. (2011) Abnormally low serum acylcarnitine levels in narcolepsy patients. Sleep, 34, 349-353A.
  • Shimada-Sugimoto, M., Otowa, T., Hettema, J.M. (2015) Genetics of anxiety disorders: Genetic epidemiological and molecular studies in humans. Psychiatry Clin Neurosci, 69, 388-401.
  • Shimada-Sugimoto, M., Otowa, T., Miyagawa, T., Khor, S.S., Kashiwase, K., Sugaya, N., Kawamura, Y., Umekage, T., Kojima, H., Saji, H., Miyashita, A., Kuwano, R., Kaiya, H., Kasai, K., Tanii, H., Tokunaga, K., Sasaki, T. (2015) Immune-related pathways including HLA-DRB1(∗)13:02 are associated with panic disorder. Brain Behav Immun, 46, 96-103.
  • Shimada-Sugimoto, M., Otowa, T., Miyagawa, T., Khor, S.S., Omae, Y., Toyo-oka, L., Sugaya, N., Kawamura, Y., Umekage, Miyashita, A., Kuwano, R., Kaiya, H., Kasai, K., Tanii, H., Okazaki, Y., Tokunaga, K., Sasaki, T. (2016) Polymorphisms in the TMEM132D region are associated with panic disorder in HLA-DRB1*13:02-negative individuals of a Japanese population. Human Genome Variation, 3, 16001; doi:10.1038/hgv.2016.
  • 競争的獲得資金・受賞歴等

    平成19年度
    医学部健康科学・看護学科 学科賞
    平成19年度
    東京大学総長賞
    平成28年度
    日本組織適合性学会 第25回大会 学術奨励賞 優秀賞